ブログトップ

S-LIVE!!

znihs.exblog.jp

お前に生命を吹き込んでやる!!

<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サッカーより野球派な僕ですが、この歳になるとスポーツ観戦が好きなことに気付いた。
マゼンベVSインテルの試合を観るために夜更かし中の15silvianです( ゚ー゚)ノ

さて、ブログを書くにあたって、毎回1番悩むこと。
それがタイトル付けです。

いやね、長文を書くのは得意なんですよ。ウソなんですけど。
正確に言うならば、文章をスッキリ書く能力に欠ける所があって、書くとだらだら長くなってしまう。

numeriのpatoさんのように、長くても面白く読める文が書ければよいのですが僕にはそんな文才もない。
それに素人があの人を真似ようとしても「patoさんを真似ようと頑張った感」が丸出しになってしまい、かえって寒々しい文になってしまう。

まあそれはそれとして、文章が1番要約される部分、それがタイトル。
毎回テキトーに書いた後、最後にその文章に相応しいタイトルが中々思いつかずに悩む日々。



と、ここまで書いて気付いたね。
今回はすんなりとタイトルが決まっていたことに。
というかいま僕は、先にタイトルが浮かんでその内容で文を書いていないか?ということに。

これだ。先にお題を決めて、それに沿った文を書けばよいのだ。
うむ。この習慣をつけるようにやっていこう。


悩みが1つ解決したので、今夜はぐっすり眠れれば、いいのに・・・。
[PR]
by znihs | 2010-12-19 02:49
新品:16万円
中古:7万5千円

いったい何の値段かお分かりだろうか。
我がシルビアちゃんのヘッドライト(片側)の値段なのだ!

事の発端は数日前。
今のS15との付き合いは2年になるのですが、全オーナーが既に左側のヘッドライトを擦ったような形跡があり、勿体無い精神全開の僕は、サンドペーパーとコンパウンドでなんとか乗り切りました。

しかし購入から数ヵ月後。某峠道にて同じ場所をクリーンヒット。板金5万コースだったのですが、やはりヘッドライトは前回と同じ要領で修復。しかし内部に亀裂が入った模様で、内側に水滴がつき始めました。

そんな状態で1年半・・・。よくもってくれたよなあ。

それが数日前、ついにロービームのバルブが切れ。ついでだからライトを取り外し、中を乾かして亀裂をボンドで塞ごうかなというわけで。
外して逆さにしてみたら、中から300ml(推定)の水が(((゚д゚;))))

なんとか乾燥させ、亀裂も塞ぎ、昨日取り付けて動作確認したら今度はハイビームがつかない。
ローもハイも、湿気にやられた感丸出しで、トドメに今朝からウィンカーがつかなくなる始末。


(#゚Д゚)<ホァー!!!

もうね、全とっかえ。これしかない。

とりあえず行きつけのスタンドに寄ってみた。
あれ?母がいるじゃないか。まあいいや。
んで、価格を尋ねたところ、冒頭のあの価格。

「はぁ?バッカじゃねえの?」
てっきり4~5万くらいと思っていた僕。素でこう店員さんに言ってしまった。

すると、
店員さん「来週の月曜に届くから」

( ゚Д゚)・・・why?

母「頼んでおいたから。」

おおう・・・。なんだ母よ。エスパーか?

とりあえず中古品らしい。しかし7万5千円・・・。
母に立て替えてもらい(というか立て替えてくれるつもりだったらしい。頭が上がらない)分割で払うしかないな・・・。


先月で車のローン終わったばっかなのに。
嗚呼、僕の金欠はまだまだ続く。
[PR]
by znihs | 2010-12-17 19:19
自分が車の運転がうまいなんて自惚れる気はないし、むしろもっと自在にシルビアちゃんを操れるようになりたいと思っている次第でありますが。
それにしても、みんな運転が下手すぎやしないか?とよく思う。

前方に右折しようとしている車がいて、左に十分なスペースがあるにも関わらず、何故行かないのか。
ていうかお前、軽やん。左右に10cm以上余裕あるやん。と。

あと、赤信号になったのにつっこんでくるおバカさん。
僕が溺愛のシルビアに乗っていなかったら体当たりでとめてやりたいくらい。

まあ、愚痴はこのくらいにしておこうかね。


車といえば、最近やたら痛車を見かける(特に足利で)という話を先日友人にしたところ、
「いま足利を舞台にしたアニメやってるからソレじゃねえの?」という返答が。

へー。知らなかった。一応訊いてやる、なんていうアニメだよ?
「なんちゃらの空。」・・・知らん。あひるの空しか知らん。スラムダンクの方がよい。
「織姫の絵馬も痛絵馬になってるんだって。」
へぇー。益々興味ない。うむ、僕はオタクではないな。
まあ、鷲宮みたいなもんか。
「うん、まあそんな感じ。」

・・・最後の僕の一言がやっぱり残念な感じを漂わせつつ、なんか詳しい友人も
こいつどうなんだと思った先日の忘年会でした。

んで、なんかニコ動でそれっぽいタイトルのアニメがあるじゃないですか。
なんとかのソラ。

って、ただのエロアニメじゃねえか!笑

とりあえずwikiってみる。
やっぱり舞台のモデルが足利らしい。そして元はエロゲ。やっぱりか。


もっとなんかこう、人に話しても誇れるような漫画とかの舞台になればいいのに。
僕が描くか・・・。なんかさ、バクマン。読んでると「俺も描けるんじゃねえの?」って気にならないか?

ん、僕だけか?
[PR]
by znihs | 2010-12-12 22:20
最近いきなし冷え込みましたね。どうもシルビアンです( ´ー`)y-~~~

先日、こまめにブログを更新しようと決心した次第ですがすでに書くことが特にありません。
んー、最近見た夢の話でも書くかな。

いや、分かっている。分かっているんだよ。「他人の見た夢の話ほどどうでもいいことはない」ということは。
しかし僕は、夢なんて滅多に見られない。

どこぞのお偉いさんが言うには、"寝ると必ず全員夢を見る、起きたときにそれを覚えているかどうかの差だ"ということなのですが、それに倣えばほぼ覚えていません。
年に3回見れるかどうかくらいの確率。そしてそのうち9割は風邪で寝込んだときに見る悪夢。
つまり、フツーの夢というのは僕からすればかなりレアなのです。ソレを先日見ました。中々に愉快なやつをさ。

内容をざっくり言うと、「逆ナンされたと思ったら知人達によるドッキリだった」という愉快どころかむしろ可哀想な夢に思えますが、詳細は以下の通り。正直夢なだけにデティールとかは覚えてないのですが。


まあ、とりあえず逆ナンされる訳ですよ。
現実にこのような事態に遭遇した場合、とりあえず何者かによる罠じゃなかろうかと疑う僕なのですが。
夢の中の僕はというとまさしくその通りで、とりあえずOKしつつも怪しまれないように周りを注意深く観察してるんですよね。

するとものの数分で、明らかに尾行されていることに気付く。
やっぱりかと思いつつも、このときの僕にはある予感というか期待があって、敢えて気付かない振りをしました。

しかしこの尾行がとてつもなく下手すぎる。気付くなというほうが無理なんじゃないかというほどに。
それでも気付かない振りをし続けるぼく。何が僕をそこまでさせるのか。
そしてなんか色々あって。面倒なので色々の部分はすっ飛ばしますというか、覚えていないので飛ばします。

ま、最後に相手の娘に告白されるという展開に。

そう、まさにコレなんです。最初に僕が感じた期待やら予感の正体は。
「きっとこの娘は最後に告白してくるんだろう。そしてそれを僕が受けるかどうかで賭け事が行われているに違いない」
という読みがズバリ当たったわけです。

「君はどっちに賭けたの?」
とか訊きたい衝動を押さえ込む。それを言っちゃったらここまで茶番に付き合ってきた意味がない。

そして僕の念願を実行するときがついに来ました。僕に出来る精一杯の物真似で、あの台詞を口にしてみる。


僕「・・・マジで?」

うわー俺似てねえなとか思いつつ続けます。

僕「おまえさ、キリンって、知ってる?」
女「え?・・・動物のキリン?」

お察しのよい皆様ならお気づきのこと。そうなんです。コレまじでやってみたかった。笑
でも、相手の真剣な気持ちに対してこの返答はかなり失礼になる。
が、今回はどっきりで、むしろ相手のほうが失礼なので遠慮は無用です。

僕「そうそう、知ってるっしょ。」
女「・・うん。」
僕「あいつ等って元々、首が短かったんだぜ。目の前の高さの葉っぱ食べ尽くしちまって、高いところの葉っぱ食べるために、首の長いヤツだけが生き残ったってわけ。」
女「そうなんだ・・。」
僕「そうそう。つまり、それぞれにはそれぞれに相応しい、生き場所と死に場所があるってこと。」

しかしとことん似ていない僕の物真似・・・。構いやしない。

僕「お前の居場所ってさ・・・、俺んとこじゃないっしょ?」

彼女は唖然顔。僕はすまし顔。内心したり顔。

ここで尾行連中がお出まし。
なんか「どっきりでしたー!」とか言ってるけど。
僕はただ一言
「youtubeあたりで"ラーメンズ 男女の気持ち"で検索してみ。」
こう言ってクールに去るのであった。     ~Fin~


はい、ここで僕起床です。
ちょっと台詞を復唱してみた。やっぱり似ていなかった。


なんのこっちゃ?とお思いのお方は↓↓
【ラーメンズ 男女の気持ち Part1 Part2
[PR]
by znihs | 2010-12-09 21:52
どうも、Nihs改めsilvianです( ゚д゚)ノ

ああ、なんか久しぶり。
もう書くことはないかなと思っていたのですが。
たまに、140字じゃ足りないと思うこともありますよね。

さて、薄々気付いてはいたのですが。僕はどうやら結果よりも過程を重視する傾向にあるようなんです。

パチやスロに例えると、打ってる時にいかにアツく打てるかが重要。勝っても気分的には負けな日や、負けても満足して帰れる日もあったり。
箱も修理中は、戻ってきたらアレコレと考えてた割に、いざ来てみるとそんなにやらなかったり。
恋愛も付き合う(またはフられる)までの駆け引きのほうが好きだったりします。

ブログだって再開しようと思い立って、見た目を変え業者コメを数十件削除して書く準備を整えたら満足してしまい、こうやって書くまで2週間のタイムラグがうまれる始末。

まあ結果も大事なんだと思いますが、過程を楽しめていれば自ずと結果もよい方に運ぶことでしょう。


うむ。がっつき書きたいと思っていた割に、すでに書くことが尽きた感があるので今回はこの辺で。
やっぱり文章書くの不向きなのかなあ・・・。理系なもんで。
[PR]
by znihs | 2010-12-08 22:06